Paperless conference

ペーパーレス会議に必要なインフラ

ペーパーレス会議という言葉は非常に一般的になりましたがその導入には、必要なインフラもあります。例えば、大型モニターと電子黒板がセットになったツールです。電子黒板、そして会議参加者には同じデータが映し出されており、プレゼンテーターが電子黒板に電子ペンで書き込むことで同じように会議参加者のパソコンにも記載がなされていく、そして会議に参加できなかったメンバーにも共有されるという一連の流れができてこそ、ペーパーレス会議が実現するわけです。
さらにいうならば、こうした情報がスムーズに流れていくためには無線LANの環境も必要になってきます。また、データフォルダもアクセス権をしっかり明確にしたうえで整備しておかねばなりません。そして、ITスキルに関しても、企業として全体的な底上げを図らなければ、こうした仕組みに対応できない層が遅れてしまいます。
全社として一斉に導入するほうが正しいのでしょうが、まずはITスキルの高い部署から先行導入していくのもありかもしれません。職場見学、バグ出しを行った後にすべての部署に一斉導入という流れを作ったほうが現場への拒否反応も少なくなりますし、こなれてくるまでの道のりもはやくなります。

topics

TOP